読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国立大学法人等職員採用試験 対策 内定をめざせ!

大学職員 をめざす アナタのために

時間配分 【その1】 数的処理 全体

こんにちは、サイです。

 

少しずつですが、閲覧数が増えてきました。ご覧いただき、ありがとうございます。

更新が遅く申し訳ございません。

 

今回は時間配分についてです。

 

採用試験の制限時間は120(2時間)です。

問題数は全部で40、うち数的推理と判断推理は12あります。

 

さてみなさん、この12問を解くために何分使うべきだと思いますか?

もちろん、得意不得意がありますので一概には言えないかもしれません。

しかし、採用試験の問題を研究していくとわかってきたのですが、

どうやら、作り手側にはこうやって解いてほしい、この時間配分で解いてほしい

という意図があるようなのです。

 

で、今回は時間配分がテーマなので、後者に的を絞ってお伝えします。

ズバリ、

 

数的推理と判断推理に使うべき時間は、55です。

ナゼ55分と中途半端なのか?この表を思い出してください。

ソウナンデス!資料解釈のために5分用意してほしいのです。

 

ということで、上の表より、判断推理+数的推理+資料解釈=

数的処理

のために必要な時間配分は60分だと分かります。

 

では、この60分の内約は?

→時間配分 【その2】 数的処理 内約 に続きます。