読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国立大学法人等職員採用試験 対策 内定をめざせ!

大学職員 をめざす アナタのために

何から勉強をはじめるのか?【その7】~暗算を極める!①

さて、

ここまで数的推理を中心に説明をしてきました。

 

やはり、自分の頭でちゃんと考えることなしには合格を勝ち取ることはできないようですね。

学問に王道なしと言われますが、「採用試験」もやはり向き合うという忍耐が必要のようです。

 

さて、今回は少し寄り道をして、暗算に焦点を置いてみたいと思います。

 

38×794=?

 

なかなかパッと解けるものではないですよね。

このような暗算、以外と大事なんです!

短時間のなかでベストを尽くす「採用試験」(時間配分は後日詳しく述べます)

暗算はそこそこで構いませんので、できるようにはしておきたいものです。

 

そこで活用できるのがこれ!

 

畑中敦子の資料解釈の最前線! (公務員試験・専任講師シリーズ)

畑中敦子の資料解釈の最前線! (公務員試験・専任講師シリーズ)

 

 

あれ?ザ・ベスト シリーズにも資料解釈あるような、しかも改訂版が……

 

そう、 実は資料解釈のおススメはこちらなんです。

いったん暗算の話に戻りますね

なんと

この本、後のページの方に暗算ドリルがあるんです!

 

資料解釈のための暗算ドリルなのですが、これがなんと数的推理にも、判断推理にも

大いに役立ってしまうのです。

 

表紙には「計算なんて必要ない!」なんて書いてありますが、これは

この本で暗算が身につくからね!ってことを意味してるんです

計算と暗算は別物だと考えてよいでしょう。暗算なら時間は食わないのです!!

 

38×794=?

だって、

0.38×794

だって

暗算で解けたら、

 

合格はぐっと近くなります!

だって、暗算ができるということは、自分の頭でちゃんと考えてる証拠ですから!

 

しかも、ドリルの問題数は微々たるものなので、他の教科のための時間をつぶしたりしませんし、

 

◎ドリル部分だけコピーして、電車のなかで暗算練習ができちゃうのです!

 

ぜひ試していただきたいです!

タイトルは

畑中敦子の資料解釈の最前線! (公務員試験・専任講師シリーズ)

ですよ~

 

 

あれ、暗算を極める!①になってる?

②もあるの?

はい、あります。続けてどうぞ!

 

畑中敦子の資料解釈の最前線! (公務員試験・専任講師シリーズ)

読者の方募集中!!

大学職員を目指している方は、下のボタンをポチっと

応援、お願い致しますm(__)m