読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国立大学法人等職員採用試験 対策 内定をめざせ!

大学職員 をめざす アナタのために

【お知らせ】記事の更新について

3月25日に、図書館史についての記事を更新しました。

ぜひ、ご覧ください。

図書系 2次試験対策を中心に 【その4】【図書館史は2回読もう】 国立大学法人等 職員採用試験 図書系 

こんにちは、サイです。

 

お待たせしました。まずは図書館史の攻略法です。

 

ズバリ!図書館史はこの本を丸ごと、読みましょう!

おいおい、それで大丈夫か?と思われるかもしれませんが、

 

ページ数はおよそ160ですから、集中すれば3日ほどで読了できます。

 

面白いとは言い難いので、正直あきますが、一読すれば、

歴史系の問題はおよそクリアできます!

 

図書・図書館史 (JLA図書館情報学テキストシリーズ 3-11)

図書・図書館史 (JLA図書館情報学テキストシリーズ 3-11)

 

 

 

 

まずは、ここからいきましょう!

また、これは注意なのですが、図書館系の書籍は多い一方で、

2次試験の内容にマッチするのは「JLA図書館情報学」シリーズをはじめ、

一部のみとなります!ご注意ください!

 

 図書・図書館史 (JLA図書館情報学テキストシリーズ 3-11)

 

 

【お知らせ】記事の更新について

1月16日早朝、新たに2つの記事を追加しました。

ぜひ、ご覧ください。

図書系 2次試験対策を中心に 【その3】【概説その2】 国立大学法人等 職員採用試験 図書系 

こんにちは、サイです。

 

 

まずは「図書館の歴史」と行きたいところですが、

わすれてはいけないことが、ありました!

どのようにして、勉強をしていくのか?です。

 

⑴過去問の重視

⑵とくに知識系問題は、過去問を見ながら、ネットや辞典で調べる

 

の2つが必勝法のようですね。

 

 

 

で、辞典について

図書館情報学用語辞典 第4版

 と、

最新 図書館用語大辞典

最新 図書館用語大辞典

最新 図書館用語大辞典

 

 は、かならず手元に用意しておきましょう!

 

なぜなら、前回と前々回紹介した

 

 と、

「過去問」の解答はともに、これら事典を参照しているようだからなのです!

【サイ独自調べです!裏どりなどは、ご自身でお願いします。ご了承ください!】

 

で、過去問はどこから確認すればよいのか?

 

こちらからpdfをダウンロードできます。

試験から採用までの流れ|関東甲信越地区国立大学法人等職員採用事務系(図書)

 

ちなみに、地区は関係ないようですね!

 

たとえば、本の装丁などについては、単純な知識問題ですから、調べて覚えるで一発完了ですね!

 

ではでは、次回こそ、「図書館の歴史」の勉強方法から説明していきますね!

 

 

 

 

 

 

 

図書系 2次試験対策を中心に 【その2】【概説】 国立大学法人等 職員採用試験 図書系 

こんにちは、サイです。

 

さて、前回お話しした「図書系」についてです。

 

今回は概説です。

次回から、「図書館の歴史」の勉強方法を説明します!

図書・図書館史 (JLA図書館情報学テキストシリーズ 3-11)

 

図書系を選択する方は、申し込み時に意思決定をしなくてはなりません。

倍率も、事務とは異なりますので、一次試験で戦う土俵が違ってきます。

 

もう一つの特徴が、「第二次試験」があることです。図書館学について、専門知識を問われることになります。

 

また、面接も原則、面接官との対面となり、グループ討論などはありません。

(サイ独自調べ。確証はありません。ご注意ください。)

おそれく、受験者数が少ないことが理由だと思います。

 

よくある質問として、「図書館学を専攻していなくても」、あるいは「司書資格をもっていなくても」受けられるか?があります。

正解は、「受けられる」です。

 

ただし、どうしても専門知識が問われるため、勉強することが求められます。

では、どうやって勉強すればよいのか?

 

ざっくり分けると

図書館の歴史

図書館の守備範囲(資料と運営)

・分類規則

・検索など(ITを活用したもの含む)

 

の分野について、知識を蓄える必要があるようです。

ちなみに、これらをもう少し難しい言い方にすると……

図書館学概論

図書館資料論

資料組織論

資料利用論

図書館管理論

情報管理論

となり、

 

図書館学概=図書館の歴史

図書館資料論=図書館の守備範囲(資料)

分類規則=資料組織論

図書館管理論=図書館の守備範囲(運営)

情報管理=検索など

 

といった形ですね。

 

司書資格はいらないといいました。その一方で、専門知識を問う「第二次試験」はうけなくてはなりません。

つまり、大切なことは、「図書館の歴史」「図書館の守備範囲(資料と運営)」「分類規則」「検索など」

図書館で行うことについて知識を蓄えればよいということなのです。

 

ここでは、少しざっくり分類しましたが、「第二次試験」の守備範囲はほぼこれで、

問題ないと思います。

サイの独断と偏見です。出来うる限り、調べますが、不備についてはあらかじめご了承ください) 

 

ということで、次回は「図書館の歴史」の勉強方法を紹介します!

乞うご期待ください!

 

どうぞ、こちらの書籍をご準備くださいね!

 

図書・図書館史 (JLA図書館情報学テキストシリーズ 3-11)

図書・図書館史 (JLA図書館情報学テキストシリーズ 3-11)

 

 

図書系 2次試験対策を中心に 【その1】 国立大学法人等 職員採用試験 図書系 

図書系」志望の皆さまへ

 

こんにちは、サイです。

 

2017年は、「図書系」の試験情報にも、クローズアップしていきます。

16年は、情報不足ということもあり、なかなか記述に踏み込めなかったのですが、

今年、ようやく情報不足を克服できました。

図書館職員採用試験問題集・解説―「旧・国家公務員II種図書館学」に学ぶ

 

 

とくに、【「図書系」2次試験】の勉強の仕方や、

大学の司書課程を受けていないけど、受験に不利か否かなど、

図書系」志望者の気になるポイントに焦点を据えていきます!

 

 

次回は、さっそく【「図書系」2次試験】の勉強はいつからすべきか?

がテーマです。

乞うご期待ください!

 

以下におススメ問題集を揃えました。

目指している方でも、知らないという方多いのではないでしょうか?

基本絶版なので、マーケットプレイスなどで中古本をゲットしましょう!

希少なので、お早めに!

(もうこれは純粋なお知らせです!)

 

 

 

 

図書館職員採用試験 対策問題集 司書もん【第2巻】

図書館職員採用試験 対策問題集 司書もん【第2巻】

 
図書館職員採用試験 対策問題集 司書もん【第3巻】

図書館職員採用試験 対策問題集 司書もん【第3巻】

 
図書館職員採用試験 対策問題集 司書もん【第1巻】

図書館職員採用試験 対策問題集 司書もん【第1巻】

 

 

 

 

何から勉強をはじめるのか?【その15】 「採用試験」に臨むために~判断推理~問題集選び

こんにちは、サイです。

 

「採用試験」にはじめて臨むという方向けに、必要な参考書や問題集を紹介して

いきたいと思います。

 

 

【判断推理】

 

①公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 判断推理

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 判断推理

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 判断推理

 

 

②畑中敦子の判断推理ザ・ベストプラス

畑中敦子の判断推理ザ・ベスト プラス

畑中敦子の判断推理ザ・ベスト プラス

 

 

③畑中敦子の天下無敵の数的処理!(1)判断推理・空間把握編

畑中敦子の天下無敵の数的処理!(1)判断推理・空間把握編

畑中敦子の天下無敵の数的処理!(1)判断推理・空間把握編

 

 

 

まずは、書店に赴きそれぞれ手に取ってみてほしいと思います。

大切なポイントは2つあります。

 

【ポイントその1】:

自分にあったものを選ぶこと

 

【ポイントその2】:

テクニックと計算力、双方を身に着けること

 

となります。

 

まずは、【ポイントその1】

まだ勉強もしていないのに、自分にあったものなんてわからない!という方、

もちろんその通りなのですが、ちょっとまってください!

3種の本は、それぞれ異なる特徴を備えていることに気が付きましたか?

 

①は計算力を、

②はテクニックを重視

③は、解説が丁寧で、解説をメインに据えている

ことが、わかります。

 

ここで、

 

数学がそもそも得意だという理系の方や、文系だけど高校時代「数学Ⅱ」は一通り勉強したという方は、

→①に進むべきでしょう!

 

また、数学はちょっと……

という方は

→②or③に進むべきでしょう!

 

自分に合う=一冊と向き合えそう!

 

ということなのです。

そして、

一冊と向き合えそう!とは、

2~3回は繰り返しとくことを意味しているのです!

 

どうでしょうか?

このブログでは、過去に

①や②の繰り返し方法を、説明しています。ぜひ、あわせて参考にして、

自分にぴったりな一冊を見つけてほしいと思います。

 

 

 

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 判断推理

 

畑中敦子の判断推理ザ・ベスト プラス

 

畑中敦子の天下無敵の数的処理!(1)判断推理・空間把握編

 

 

合格への第一歩 【その2】 公務員模試 まとめ

年が明けましたね!あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

 

 

畑中敦子の数的推理ザ・ベスト プラス

畑中敦子の数的推理ザ・ベスト プラス

 

 

お正月は勉強漬けだったと言う方も多かったのではないでしょうか。

 

これからは、どんどん模試をうけていきたい時期ですね。

民間との併願など、事情は人それぞれだと思いますが、

やはり模試は、受けるだけ受けるのが大切なことだと思います。

 

では、各予備校の模試申し込みサイトをまとめました。

ぜひ、参考にしていただきたいと思います。

 

「採用試験」について、

形式で一番近いのは、「地方上級」です。

ただし、最低でも2社の模試を受け続けるべきだと思います。

 

理由は、模試を通じて勉強することにあります。

民間企業と並行した活動のなか、なかなかまとまった時間はとれません。

「採用試験」は、大学受験のように落ち着いてまんべんなくとはいかないものなのです。

 

一方、各模試の値段は、一回平均4~5000円程度ですから、なかなか馬鹿になりません。

復習をし、存分にもとをとってほしいと思います。

過去記事なども、ぜひ参考にしていただきたいですね!

 

 

 

ではでは、新年一発目は各社の模試申し込みサイトのまとめです!どうぞ

 

 

■LEC

地方上級・国家一般職・経験者採用・市役所の模試 - 公務員試験|LEC東京リーガルマインド

 

■TAC

www.tac-school.co.jp

■産経模試

www.sankei-koumuin.jp

 

■東京アカデミー

www.tokyo-ac.jp

 

公務員試験 学習スタートブック 29年度試験対応 2017年度 (受験ジャーナル特別企画1)

合格への第一歩 【その1】 2017年を目指して

こんにちは、サイです。

 

今後、説明会にいくことが多くなってくるのではないでしょうか。

 

自分の大学に直接人事の人が説明にくることもあるかと思います。

 

まだまだ試験は先ですし、課長レベルなど、志望先と直に接することはすくないはずです。

ですが、、、

 

国立大学法人にいきたい!と強い意志をすでにお持ちの方は、話を聞ける人事の方に、ぜひぜひ積極的に声をかけることをオススメします。

説明会の最後に、何か質問はありますか?というときに手をあげるというのでかまいませんん。

大切なことは、人を通して国立大学法人はどういうところか?を知ることにあります。

就活全般にいえるのですが、結局の働く=人と一緒に生活することですから、

無機質にではなく、働くことをより有機的なものとして、すなわち人ととの関わり方という視点で捉えるのがベストだと思います。

 

ではでは、今後は勉強の仕方と模試の活用などについて、徐々に合格のノウハウを展開していきます。

 

ご期待ください!

 

 

 

お疲れ様でした! 2016年

皆さんお疲れ様でした。サイです。

 

結果はいかがだったでしょうか?

 

無常なもので、納得できない方の方が多いと思います。

 

大切にしていただきたいことは、やったことは「絶対に無駄ではない」ということです。

 

複雑な想いの方も多いと思います。とくに、一次面接や役員面接で不採用になった方はなおさらです。

 

ただし、

「結果は受け止める」ことも、「採用試験」かぎらず就活で学ぶべきもではないでしょうか?

やったことは絶対に無駄ではありません。まずは結果を受け止めることで、やったことを、次のステージに役立てていくことができるようになるはずなのです。

これは、採用となった方にも通じるものだと思います。

 

 

「採用試験」にかぎらず、公務員試験にもう一度挑戦する方もいるかもしれません。

なんだかんだ「採用試験」は30歳まで受けられます。

いろんなことを学びながら、仕事に臨んでいただき、そのなかで「やっぱり大学職員だな」と感じたなら、その気持ちを大切にして行動を起こすこともありなはずです。

 

また、採用となった方、本当におめでとうございます。頭のほんのかたすみでよいので、悔しい想いをした方が多くいるという事実を忘れないでほしいと思います。

 

「採用試験」に関わり、それぞれ異なる結果を出した皆さま、本当にお疲れ様でした。

 

これから、来年度にむけ、再度更新を行っていきます。

どうぞ宜しくお願い致します。